美容部員とは

美容部員という仕事があります。
他の言い方をすると、ビューティアドバイザー・BA、ビューティカウンセラー・BC、ビューティコンサルタントとよばれる場合もあります。
このようにいうと何となく難しいように聞こえますが、勤務先が化粧品売り場であるといえば、自社のメーカーの宣伝を兼ねた売り子が美容部員といえるでしょう。


化粧品フロア・化粧品売り場で、カウンターの中に立っている美しい人達やドラッグストアなどでも、コスメの担当として配属されている場合が多いです。
美容部員になるには、特別な資格を有する必要はありませんが、まずはそのメーカーに就職できることが必要です。
ただし、一部ドラッグストアに関しては、化粧品売り場として、全メーカーを担当することになります。
この場合は、ドラッグストアの採用になります。


女性にはとても人気のある美容部員ですから、就職の競争が激しいとされています。
特に外資系に関しては、とても高い人気で、就職は困難とされています。
資格はいりませんが、センス等を問われることになり、メーカーのコンセプトを理解しているだけではなく、万人に対して、臨機応変な対応ができるなど、要求されるスキルもバリエーションに富んでいます。


美容部員と美容師は異質のものです。
ただ、面接の時に美容師の資格があることが有利になるかもしれませんが、原則的には無資格で、美容部員になることができます。
お化粧が好きということが基本とされていますが、人をキレイにしたいという精神を求められることになるでしょう。


≪Special Link≫
化粧や整形等美容の形には様々あります。こちらは全国展開している美容整形クリニックのサイトです ⇒ 美容整形

Copyright © 2014 美容部員について All Rights Reserved.